Parker 日本

なぜ圧縮空気はクリーンで乾燥していないといけないのか?

Why Use Clean, Dry Compressed Air - Parker Hannifin -なぜ圧縮空気はクリーンで乾燥していないといけないのか?

圧縮空気は、幅広い産業用途に使用されています。適切な圧縮空気処理は、装置を保護し、生産の停止とメンテナンスを避けるために必要です。プラント全体のほぼすべてのアプリケーションで、クリーンで乾燥した圧縮空気を使用すると、稼働費用が下がります。

圧縮空気を未処理のまま放置すると、パイプや継手の内面に汚れ、水、油などの汚染物質が蓄積します。最終的に汚染物の蓄積はラインの圧力降下を増加させます。より低い空気圧は、空気を圧縮するために使用されるエネルギーの損失をもたらすのです。使用時の圧力が低下すると、パフォーマンス効率が低下し、生産時間とメンテナンスの損失が数十万円に上がります。

圧縮空気中に存在する液体の水は、腐食を加速し、装置の耐用年数を短くするので、特に問題があります。腐食粒子は、バルブ、継手、および機器の制御ラインを塞ぎ、機密機器に損傷を与えます。水が凍ると、寒い環境でも同様の詰まりが起こります。

長年にわたって、空気中の水分による問題は仕方ないとされてきました。凍結を防止するために、アルコール類をラインに注入し、電気ヒーターを使用して水分および他の汚染物を分離したりしていました。これらの方法は、問題を完全には解決しませんでした。圧縮空気の使用が増加し、多くの新しくて洗練された装置や制御装置の開発により、清潔で乾燥した空気の必要性が高まっています。

メンブレンエアードライヤーは、プラントの圧縮空気中の汚染物質から敏感な機器を保護するためのコスト効率がよく、効果的な方法です。

メンブレンエアドライヤーの働きとは

例えば、Parkerメンブレンエアドライヤーは、水蒸気に対して選択的に透過性である特別に処方された膜マイクロチューブを使用しています。 マイクロチューブは、標準の圧縮空気から乾燥空気を生成するための優れたメディアです。 圧縮空気が膜の長さに沿って進むにつれて、水蒸気が膜を通って拡散し、出口で清浄で乾燥した圧縮空気が生成される。 次いで乾燥空気の少量が膜の外側表面に沿って導かれ、水分を含む空気を膜から掃き捨てる。 下の図1は、この技術の仕組みを示しています。

図1 - メンブレン濾過技術の仕組み

Why Use Clean, Dry Compressed Air - Parker Hannifin - なぜ圧縮空気はクリーンで乾燥していないといけないのか?

 

 

特長とメリット

  • メンブレンドライヤーは、圧縮空気の露点を-40°F /℃に低下させます。
  • 可動部分がなく、電気供給の必要がないように設計されています。
  • 騒音はごくわずかな出力で作動します。少量のパージエアが小さな排気ポートから排出されます。
  • 最小限のメンテナンスを必要とし、本質的に防爆です。
  • 遠隔地、爆発的な環境、亜凍結する環境、一貫した露点を必要とするアプリケーションに最適です。

メンブレンエアードライヤーの詳細については、製品の資料を参照してください。

Why Use Clean, Dry Compressed Air?メンブレンドライヤーを使用して、爆発性のある環境で圧縮空気を乾燥させる方法については、このホワイトペーパーを参照してください。

 

 

 

関連のオリジナルブログ(英語):

Facts You Need to Know About Drying Compressed Air

Best Way to Dry Compressed Air in Hazardous Areas

Choosing the Right Compressed Air Dryer for Your Application

 

カテゴリ
著者による最近の投稿

シールの設計に大切な要素、化学的適合性について

Oリングアプリケーションエンジニアが頻繁に質問されることは、「○○(ポリマーの名称)Oリングは○○(化学物質の名称)に適合しますか?」という内容です。化学的適合性は、シールを設計する際の2つの最も重要な要素の1つです。もう1つはサイズです。適切なコンパウンドを選択することは、一般的に設計者にとっては、大きな課題になるでしょう。ゴム...

なぜ圧縮空気はクリーンで乾燥していないといけないのか?

圧縮空気は、幅広い産業用途に使用されています。適切な圧縮空気処理は、装置を保護し、生産の停止とメンテナンスを避けるために必要です。プラント全体のほぼすべてのアプリケーションで、クリーンで乾燥した圧縮空気を使用すると、稼働費用が下がります。 圧縮空気を未処理のまま放置すると、パイプや継手の内面に汚れ、水、油などの汚染物質が蓄積します。最終的に汚染物の蓄積はラインの圧力降下を増加...

よりよい油圧配管のために覚えておきたい6つの継手選定方法

エンジニアの皆さんは、メンテナンスが簡単で油漏れをしない信頼性の高い油圧システムの設計を目指していますよね。そのために6つの基本的なテクニックをお教えします。 1) 出来る限り、方向調整が可能なストレートねじの継手を使いましょう。テーパねじのものを使うよりも利点があります。  方向調整可能なストレートねじは: 360°正確な位置決めができます 継ぎ目で漏れません シーラントやテープは要りません 締...
コメント

コメント なぜ圧縮空気はクリーンで乾燥していないといけないのか?


スパム対策のため、ハイパーリンクのあるコメントは投稿できませんので、ご注意ください。

コメントを残す





Captcha