モーション/コントロール技術のブログ | パーカー・ハネフィン日本株式会社

ホースの個体識別により補修管理コストを削減 パーカートラッキングシステム

PTS2ホースはいつ交換したらいいのか知りたい。現物と同じものが欲しい。そのようなニーズに応える、パーカーのホースのID管理システムを紹介いたします。

パーカートラッキングシステム(PTS)とは

パーカートラッキングシステムは、ホース一つ一つにバーコードを付与し、ホースに関する様々な情報を管理することができるパーカーが提供するサービスです。このサービスはお客様の保守、修理、点検(MRO)を大幅に強化しダウンタイムの短縮を可能にします。

PTSのラベルはホースに関する全ての情報を記録しています。

  • どこから購入したか?
  • 製作者はだれか?
  • いつ製作されたか?
  • ホースの仕様と構成部品(ホース型式、金具型式、アクセサリー、長さ、クリーニング仕様、向き、ロット番号、オプションなど)
  • アプリケーションに関する情報(組立日、流体および環境データ、システム情報、設置場所、重要度など)
  • 交換履歴
  • 印刷、証明書、写真の添付ファイル

これらの情報を記録することにより、保守管理者はPTSの情報を元に次のことができます。

  • ホースの設置場所をデータ化できます
  • 補修時期が来たら、アラートを受け取れるので手配のスケジュールが組めます
  • 交換履歴、検査結果が継続的に得られます
  • 資産の詳細をExcelレポートにエクスポートできます
  • 監査または検査用のカスタムデータブックを作成することができます

 

PTS1メンテナンスの強い味方

メンテナンスが必要な数百または数千の個別の部品やコンポーネントがある場合、詳細情報やメンテナンスログを保管することが負担になる可能性があります。この膨大な情報をデータで管理することができます。また、データの管理だけでなく、メンテナンススケジュールを作成できます。

コンポーネントが故障した場合、多くの時間と費用がかかり、なにより、ダウンタイムが発生します。パーカートラッキングシステムは未然に故障を防ぎ、サプライヤーへの故障の連絡もスムーズに行うことができます。ダウンタイムの削減になることは間違いありません。

 パーカートラッキングシステムモバイルアプリも提供しています。スマートフォンを持っていれば、いつでも、だれでも、簡単にデータの確認が可能です。

現在、パーカートラッキングシステムは日本はもちろん世界中で使用されています。また、鉄道業、重工業など様々な業界で活用されています。パーカーのネットワークで搭載されたホースにはPTSラベルが必ずついています。PTSのラベルを見かけましたら、IDをお知らせください。同じものを迅速に提供することができます。

PTSのラベルがついているホースのリペアはパーカーストアPTS導入店舗(沼津店、八潮店、大阪店、多度津店、福岡店)までご用命ください。Parker Store店舗一覧

 

Parkerの油圧ホースはこちら

PTS製品紹介パンフレット(英文12P)

MROカタログ

 

パーカートラッキングシステム紹介動画

関連記事

鉄道車両設計で知っておくべき欧州鉄道規格EN45545とは

EO-2が鉄道業界で最も信頼できる部品である6つの理由/配管継手

油圧ホースの安全とパフォーマンスのための10のヒント

Categories

パーカーの製品やサービスに関してご質問がある場合は、 お問い合わせください。

コメント ホースの個体識別により補修管理コストを削減 パーカートラッキングシステム

スパム対策のため、ハイパーリンクのあるコメントは投稿できませんので、ご注意ください。

コメントを残す





Captcha