Parker 日本

ロータリアクチュエータの基礎

Know Your Pneumatics - Rotary Actuator Basics - VRS VRA Series Rack and Pinion Rotary Actuator-Pneumatic Division Europe-Parker Hannifin Corporation空気圧ロータリアクチュエータは、圧縮空気圧(シリンダストロークの形態)を振動回転運動に変換するために使用されています。 他の空気圧コンポーネントと同様に、耐久性があり、シンプルさとサイズに対する高い力を提供し、危険な環境でも動作することができます。

空気圧ロータリアクチュエータには、ラックピニオン形とベーン形の2つの主要なタイプがあります。これらはいずれもシングルまたはダブル作動で利用できます。

ラックピニオン形ロータリアクチュエータは、ラックギヤに取り付けられたシリンダピストンを使用します。 作動されると、ピストンおよびラックは、ピニオンギアおよび出力シャフトを回転させる直線的な方法で移動する。 ダブルラックユニットは、ピニオンギアの両側に2つのラックを使用し、実質的にユニットの出力トルクを倍増させる。 VRS / VRAシリーズは、ラックアンドピニオンドライブを介してリニアモーションをオスまたはメス出力軸に変換するラックピニオン形ロータリアクチュエータの一例です。

Know Your Pneumatics - Rotary Actuator Basics - Pro-PRN Series Vane Actuator-Pneumatic Division Europe-Parker Hannifin Corporationベーン形アクチュエータは、ベーンが中心軸に取り付けられた円筒形チャンバを有し、ベーンの一方の側に加えられる空気圧は、それがストロークの端部に達するまで回転させる。ベーンはストロークの終わりに達するまでシャフトを反対方向に駆動します。単一のベーンスタイルでは、回転運動は通常280度に制限されます。ダブルベーンスタイルでは、モーションは通常90度または100度です。シングルベーン構造の2倍の力を発揮します。

PRN/PROシリーズは、シングルベーンまたはダブルベーンのアクチュエータです。揺動起点 45 度、 90 度、 揺動角度 90 度、 180 度、 270 度。さらに 30 度から最大揺動角度の範囲内で自由に角度設定可能な揺動角度可変形と使い易さを追及したデザインです。長年の実績を基に開発した独自のシール機構により、  無給油仕様を実現、  さらに十分な剛性を持ったベーンシャフトとダンパ機構を内蔵し、  抜群の耐久性を実現。

 

必要な回転運動を達成するために一般的な空気圧シリンダがピボットアームで指定されているため、ロータリアクチュエータは仕様プロセスで見過ごされることがよくあります。しかし、ロータリアクチュエータは、内部ベアリングセットによる負荷をサポートできる自己完結型コンポーネントであるため、アプリケーションを大幅に簡素化する可能性があります。

 

空気圧ロータリーアクチュエータ ベーン形ハイロータPRN/PRNAシリーズ

カテゴリ
著者による最近の投稿

新型エアセービングユニット 使いやすさを追求し進化!

手軽にできる環境対策! 電源不要で連続ブローをパルスブローに変換 新型エアセービングユニット ASV2-25A エアブローによるエア消費量50%削減! 既存配管に後付けするだけでコンプレッサの電気代とCO2の削減に貢献します。 工場内で使用されるエアの約50%を占めるといわれているエアブロー。 エアセービングユニットは、この大きな使用料を約50%削減可能な画期的なエアブロ―用切換え弁です。...

大型トラック用エンジンエアフィルタの進歩

 車体の定期メンテナンス頻...

大気中のオイルベーパが圧縮空気の品質に与える影響

 食品、飲料、製薬、化粧品、製造業、電子産業において多くの企業は、製造...
コメント

パーカーの製品やサービスに関してご質問がある場合は、 お問い合わせください。

コメント ロータリアクチュエータの基礎


スパム対策のため、ハイパーリンクのあるコメントは投稿できませんので、ご注意ください。

コメントを残す





Captcha