Parker 日本

国際建機見本市BAUMA上海2018レポート:ParkerのIoTはいま

Parker Showcases Industrial IoT Solutions with Voice of the Machine at Bauma China 2018 - Panorama of Parker Booth - Parker China

刻々と変化する産業IoTは、建設機械業界の昔ながらのビジネスモデルに革命をもたらしました。国内外の部品メーカーは産業IoTを見据えて投資を増やし、次々と開発製品を発売しています。

2018年11月27日から30日に開催された、上海BAUMA展示会にて、パーカーは産業IoTのプラットフォームであるVoice of the Machine™ を出展しました。この技術は、相互運用性、セキュリティ、およびスケーラビリティに重点を置いて、個別のIoTの「ラストマイル」をカバーしています。

さらにブースでは、タクシーコントロールシステム、シャーシ駆動システム、車載システムやエンジン発電システムを実装をカバーする、強力かつ総合的に油圧技術を実証する4つのモデルのデモンストレーションを行いました。

 

Parker Showcases Industrial IoT Solutions with Voice of the Machine at Bauma China 2018 - Engine model - Parker China

"産業IoTによってもたらされた新しい産業環境に合わせ、パーカーはシステムとその接続された製品を提供するための画期的なプラットフォームであるVoice of Machineを作り上げました。当社のシステム統合機能は、ますます要求の厳しくなる世界中の顧客のアプリケーションに対応することに役立ちます。”   

 Hou Yifei, パーカー・ハネフィンアジア太平洋地域 トランスミッション&コントロールグループプレジデント

 

 

産業IoTの”ラストマイル"をカバー

Parker Showcases Industrial IoT Solutions with Voice of the Machine at Bauma China 2018 - VOM display - Parker China

現在はIoT技術は企業レベルのソリューションに焦点を当てていますが、それによって識別され集められる主要コンポーネントのデータはわずか10%です。それは故障を予測し、性能を最適化するための機器の可能性がかなり制限されているということです。別個のIoTは、コア成分データの残りの90%を提供することができます。 これは、産業用IoTが到達できない「ラストマイル」です。

そのため、パーカーは、すべてのIoTベースの製品とシステムが同じ通信規格とベストプラクティスを使用して相互運用性、セキュリティ、スケーラビリティ、および可視性を実現できるようにするための集中型戦略を開始しました。

 

コネクト製品とサービスのエコシステム

Parker Showcases Industrial IoT Solutions with Voice of the Machine at Bauma China 2018 - HMI Display _ Parker China

Voice of the Machine のオンラインプラットフォームを通じて、ユーザーは、製品、システム、専門エンジニアとインターフェイスでつながり、重要なシステム運用のためのグローバルな監視と資産管理を確実にすることができます。

上海BAUMA展示会で発表されたIQAN® と PTSは、どちらもVoice of the Machineをベースとしたプラットフォームです。IQAN® インターコネクトソフトウェアは、インテリジェント油圧コンポーネントと電子制御式のハードウェアおよびソフトウェアを統合して、デバイスの性能を最適化し、遠隔監視を簡単にします。

 

どこにいても、ユーザーはIQAN®インターコネクトソフトウェアを使用して遠隔地から車両の故障を診断し、パーカー・車輌システムゲートウェイを通じて現在のパフォーマンス状況を知ることができます。IQAN®インターコネクトソフトウェアは、多数の標準機能モジュールとカスタム構成インターフェースを提供します。これは、ユーザーがPC、タブレット、携帯電話などの複数のチャンネルから表示するのに便利で、クラウドにデータを簡単に公開できる、適応型Webインターフェースを備えています。

Parker Showcases Industrial IoT Solutions with Voice of the Machine at Bauma China 2018 - Mobile Scan for PTS - Parker China

PTS Parker Tracking Systemは重要な消耗部品の資産管理ソリューションです。PTSソフトウェアは部品や資産に関する詳細な情報を記録し、ユーザーはインターネットに接続して複数のソースから安全にアクセスできます。PTSは、各ホースアセンブリのバーコードまたはRFIDタグに印刷された固有の識別コードを生成します。バーコードおよびRFIDトレーサビリティシステムを介してホース情報を記録および抽出して、機器の保守および修理を迅速、定期的かつ正確に実行し、エンジニアリング機器のダウンタイムを削減します。PTSはまた、資産ロケーションデータベースを確立し、検査テンプレートをカスタマイズし、検索履歴検査結果を保存し、そして定期メンテナンスリマインダを設定することができます。

 

これまでの油圧技術のシステム統合の能力が向上

Parker Showcases Industrial IoT Solutions with Voice of the Machine at Bauma China 2018 - Ecoreach forklift assembly - Parker China

EcoReach フォークリフトアッセンブリシステムはパーカーの油圧技術の中でも特に注目のテクノロジーです。電動フォークリフトは通常電気油圧システムで動きます。パワートレインは次の一連の独立したコンポーネントで構成されています。バッテリーエネルギーを交流に変換するインバータ、トルクと速度を出力する誘導電動機、流量と圧力を生む油圧ポンプ、必要な油圧機能の流量と圧力を制御するバルブをコントロールする油圧システムです。

Parker Showcases Industrial IoT Solutions with Voice of the Machine at Bauma China 2018 - Implement display - Parker China

EcoReach フォークリフトアッセンブリシステムは、これらのコンポーネントを統合および最適化することで性能と効率を向上させ、バッテリーの寿命を延ばし、荷物の積み下ろしのスピードを向上させます。 これは、電気油圧を統合させたもので、フォークリフトのアップグレードする際の複雑さを最小化します。

何度も試験を重ね、EcoReachシステムは大きな潜在的利益をもたらすことを示しました。振動負荷を安定させるための時間は60%減少し、オペレータの取扱効率は改善され、全持ち上げサイクルに要する時間は短縮されたのです。 さらに、生産効率は13%向上し、リフティングサイクル全体のエネルギー消費量は48%削減されました。同じバッテリーを使用して充電すると、電動フォークリフトの作動時間が長くなります。

 

ParkerのIoT”Voice of the Machine"専用サイトはこちら:Parker Voice of the Machine - Industrial IoT

 

Voice of the Machineに関する記事(英文):

How IoT Analytics Can Optimize Productivity

Aggressive Measures for Industrial Cybersecurity

How Collaboration With Manufacturers Will Help You Perform Better

Parker Teams Deploying IoT to Help Customers Improve Operations

 

カテゴリ
著者による最近の投稿

火無し継手「ズームロック」の空調工事における火作業・作業時間 問題解決事例

パーカー・ハネフィンは今まで施工における様々な問題を解決してきました。ズームロックもそのひとつです。今回は実際に導入された企業様がどのような問題解決に使用されたかについてお話しします。  ...

ホースの個体識別により補修管理コストを削減します パーカートラッキングシステム

ホースはいつ交換したらいいのか知りたい。現物と同じものが欲しい。そのようなニーズに応える、パーカーのホースのID管理システムを紹介いたします。 パーカートラッキングシステム(PTS)とは パーカートラッキングシステムは、ホース一つ一つにバーコードを付与し、ホースに関する様々な情報を管理することができるパーカーが提供するサービスです。このサービスはお客様の保守、修理、点検(MRO)を大幅に強化しダウン...

鉄道車両設計で知っておくべき欧州鉄道規格EN45545とは

欧州鉄道関連規格EN 45545(難燃性規格)は2013年に導入され、2016年までの移行期間があり、以前の規格よりも要件のレベルを上げています。 この規格は、車両の要求仕様があった場合、高速列車、地方列車、都市トラム、産業用鉄道輸送およびトラック保守車両を含む、すべての鉄道車両に適応します。 車両用ホース選定チャート   1. EN 45545の目的は何ですか?...
コメント

パーカーの製品やサービスに関してご質問がある場合は、 お問い合わせください。

コメント 国際建機見本市BAUMA上海2018レポート:ParkerのIoTはいま


スパム対策のため、ハイパーリンクのあるコメントは投稿できませんので、ご注意ください。

コメントを残す





Captcha