Parker 日本

比例弁のオペレーションを改善する3つの方法

比例弁2

パワフルなボイスコイル技術を採用した比例弁は、小さいバルブで大きな流量が必要とされる用途に使用されています。これらのバルブは様々な用途に使用されますが、例えば建設機械であれば、リフティング・ステアリング・サスペンションに使用されます。

これから比例弁のオペレーションを向上させる為の3つのヒントをご紹介します。

 

1.エアー溜まりの除去

エアー溜まりは比例弁システムで共通の問題です。パイロットタイプに関しては、エアーを取り出すのに時間がかかることがあります。エアー溜まりの原因となる不安定なバルブの動きには、パルス、振動、予期せぬ動作が含まれます。スプールを全開にすることにより、スプールの後ろに閉じ込められたエアーを押し出すのを助ける傾向があります。もし大流量で油を流すことが出来れば、低流量に戻した時に良いパフォーマンスが得られるでしょう。

 

2.最良のバルブ設置位置を理解する比例弁D1FP

バルブの設置位置は、オペレーションに大きな影響を与えます。まずバルブがシステムの高所に置かれていないことを確認してください。これは空気を内部に閉じ込めることになりますので、本体部分が横になるようにバルブを設置してください。 本体部分を水平にすることのメリットは、弁に作用する重力荷重(G)が弁を自己作動させないことにあります。 いくつかのシステムでは約3〜5Gの負荷が見られますが、10G程度の負荷になることがあります。理想は比例バルブがバルブのタンクポートが上を向いた状態でオイルリザーバーより下に配置される事です。 これによりシステムが停止した時に油がバルブに保持されます。 多くのシステムでは、タンクラインにチェックバルブを使用し油の逃げを防ぎ、システムの安定性を維持しています。

 

3.メーカー推奨のPWM周波数を使用する

比例バルブでは、これらの製品が最良の結果を出す為に、特定のPWM周波数を使用しています。ディザの周波数と振幅はメーカーごとに異なることを頭に入れておいてください。ドライバは通常1kHz〜10kHzの範囲となります。最良のパフォーマンスを実現するために、ユーザーは製造元の操作ガイドラインに従い正しく使用して下さい。

 

◆Parkerの比例バルブの詳細については、弊社ホームページをご覧ください。

Parkerはパワフルなボイスコイルバルブ技術を採用して、小さなバルブでより大きな流量を実現するための比例バルブを、バリエーション豊富に提供しています。比例弁

 

 Parker比例バルブ ⇒ 一覧

 

 

 

 

 

カテゴリ
著者による最近の投稿

油圧ホースが油漏れする理由TOP8

 油圧ホースが油漏れする原因はたくさんありますが、多くの場合、適切な予防策を講じることで防げる可能性があります。 パーカー・ハネフィンでは、ホースのメンテナンスと故障に関してお客様と緊密に連携しており、ホースの保護方法、機械の稼働状態の維持方法、コストのかかるダウンタイムの削減方法を日々研究しています。 以下は、ホースが油漏れする最も一般的な8つの理由と油漏れからホースを保護する方法です。  ...

ズームロック(火無し銅配管継手)に関する質問に答えます!!

   ズームロック(火無し銅配管継手)の導入にあたり、お客様から多く疑問が寄せられました。そこで寄せられた質問8個についてお答えします。   Q1:ズームロックの専用カシメ工具はフル充電で何回カシメができますか?...

低圧ホースの万能形!ハイブリッドプッシュロックホース

低圧のホースを選ぶとき、ゴムホースにするか樹脂ホースにするか迷うとおもいます。それぞれに特長がありますが、ゴムと樹脂のハイブリッドホースはそれぞれの長所を最大限にいかせます。 低圧ゴムホースは様々な流体(エア、水、作動油など)を供給するために一つの機械に多種多様に使用されています。中の流体が何かを簡単に識別できるように色を使い分けているのが一般的です。早く・簡単に設置できるかもホースには大事な要素で...
コメント

パーカーの製品やサービスに関してご質問がある場合は、 お問い合わせください。

コメント 比例弁のオペレーションを改善する3つの方法


スパム対策のため、ハイパーリンクのあるコメントは投稿できませんので、ご注意ください。

コメントを残す





Captcha