Parker 日本

油圧配管継手の材質について考えてみませんか?

When Corrosion Resistance is Vital Stainless Steel is the Perfect Fit - Oil and Gas Applications - Parker Hose Products Division油圧継手は、過酷な環境で油圧システムを安全に使用するのに必要な強度と耐食性を持つ必要があります。ホース継手は通常腐食の初期段階では交換されませんが、ホース継手に隣接するコンポーネントが腐食し始めてから交換し始めると一気にコストが増加します。腐食は油圧ホースや他の高価な油圧部品に移行する可能性があります。したがって油圧継手はシステム内部の及び外部の両方から腐食に耐える事が必要となります。

環境が非常に厳しければ、すべての金属が腐食する可能性があり、機械的な影響がしばしば腐食の危険性を高めます。 いくつかの産業では、長年にわたり腐食が研究されてきており十分に確立された解決策が存在する一方、他の産業では次のような問題が増えています。

•新しい仕様条件
•新しい材料の組み合わせ
•環境の変化

油圧ホースまたはチューブシステムに合った継手を選択することは、強度と耐食性、コスト、および特定のアプリケーションの環境条件に大きく関係していきます。

油圧ホースおよびチューブ継手の種類

金属製油圧継手の最も重要な材料特性は強度と耐食性であり、高圧油圧環境下での安全を確保し、システム内部の作動油による腐食や腐食の損傷に影響されないためには不可欠です。

・スチール(鋼)
スチールは、金属油圧継手の最も基本的なタイプです。耐熱性に優れており、強くて丈夫な金属です。しかし腐食に対する耐性はほとんどありません。その為、耐腐食性を改善するために他の金属と合金化されるのが典型的なパターンです。


・炭素鋼
鉄と炭素の合金である炭素鋼は、典型的に他の金属と合金化されて最大強度と耐久性を提供します。このタイプのホース・継手は、極端な温度のアプリケーションまたは継手に対して外力が加わる可能性がある場合に理想的です。炭素鋼は高い強度および圧力定格を持ち、比較的安いコストにより、工業用、建設用および農業用油圧機器に広く使用されています。
  

・真鍮
真鍮は銅と亜鉛の合金で、耐久性があり腐食にも強く、-198℃〜204℃の広い温度範囲で使用できます。真鍮継手は、一般に比較的低い圧力範囲およびアダプターに使用されます。設計とサイズによっては21MPaまでの圧力に対応できますが、ほとんどのアプリケーションでは低温と低圧に使用されています。 


・アルミニウム
アルミニウムは、強度、硬度を向上させるために、亜鉛、銅、ケイ素、マンガンなどの金属と合金化されています。アルミニウムは、典型的には低引張強度を特徴とし、低圧用途での耐食性および低密度の特性のために使用されますが、継手の性能はグレードおよび熱処理に依存します。航空宇宙、軍用、自動車用の油圧システムなど、軽量化が不可欠な場合には、アルミ継手の使用が一般的です。耐食性はアルマイト仕上げによって改善され、表面を摩耗および耐摩耗性のためにより硬くします。アルミニウム継手は良好な媒体適合性を有し、プラスチックおよびアルミニウム管で頻繁に使用されています。

 

なぜステンレス鋼が最善の選択肢となるのか?

ステンレス鋼は、少なくとも10%のクロムを含む鉄合金であり、最も一般的な種類の鋼製油圧継手です。これは鋼の強度と耐久性を含み、流体や周囲の環境が腐食性のある場所での油圧用途に適した強い化学的耐食性を持っているからです。この強化された耐腐食性により、ホースアセンブリの耐用年数を延ばす事が可能です。ステンレス継手の温度範囲は-254℃〜649℃です。その靱性は、低温での炭素鋼の靭性よりも著しく優れています。工業用ステンレス鋼製継手は70Mpaまで使用されることが多く、特別に設計されたステンレス鋼製継手は、最高140Mpaまでの圧力定格を持つことができます。
高い耐久性、強度および耐食性のために、ステンレス鋼は他の材料の継手よりも高価となっています。しかし、多くの用途では、耐食性(油、ガス、海洋機器)が必要となります。化学処理、食品製造、医療および計装、農業肥料、海洋用途に適しています。

腐食環境には "タフな"継手が必要です

油圧アプリケーションでは、適合材料の選択、および保護メッキまたはコーティングが必要かどうかに直接影響します。 間違ったタイプの材料を選択すると、設計された製品の寿命が長年であっても、わずか数ヶ月後に装置および生産停止し失敗する可能性があります。 腐食性環境での使用の為に、Parkerのステンレス製ホース継手は、一般的に油圧ホースに使用される他の金属よりも優れた腐食性要素に耐えます。
耐腐食性の向上により、ホースアッセンブリの耐用年数を伸ばすことができます。当社のステンレス鋼製43および77シリーズ継手は、コード61、コード62、JIC、NPTF、ORFS、SAE、DIN、及びJISなど、さまざまなスタイルでご利用いただけます。あらゆるアプリケーションのニーズを満たすために、-4(1/4 ")〜-32(2")のサイズがあります。詳しくは、当社のホームページをご参照ください。

Parker取扱い油圧配管継手はコチラ

When Corrosion Resistance is Vital Stainless Steel is the Perfect Fit - Stainless Steel Fittings - Parker Hose Products Division

カテゴリ
著者による最近の投稿

油圧配管継手の材質について考えてみませんか?

油圧継手は、過酷な環境で油圧システムを安全に使用するのに必要な強度と耐食性を持つ必要があります。ホース継手は通常腐食の初期段階では交換されませんが、ホース継手に隣接するコンポーネントが腐食し始めてから交換し始めると一気にコストが増加します。腐食は油圧ホースや他の高価な油圧部品に移行する可能性があります。したがって油圧継手はシステム...

EO-2が鉄道業界で最も信頼できる部品である6つの理由

鉄道車両の設計者にとって、鉄道車両が長期的に円滑に機能するためには、各コンポーネントの信頼性が重要です。 EO-2部品は鉄道業界において、様々な用途への高い信頼性を持っています。ソフトシーリング部品は、長年の連続使用後も再締付けする必要がなく、シールは長期的なコスト削減のためにデザインされています。 さらに、部品がシンプル且つ精密・安全に設計されており施工作業で大きな利点があります。加...

食品仕様のギヤヘッドとモータが食品・梱包メーカーの問題を解決します

Parkerのギアヘッドモータは、重要な機能が選ばれる食品や包装産業にとって理想的な製品です。 食品加工産業のための食品容器の接着、充填、密封および方向転換のための機械の製造者は、モータおよびギアヘッドを食品面の上に取り付ける必要がありました。 ギヤヘッドが食品環境に対して安全にし、頻繁な洗い流しに耐えることができるようにするには、ある種の変更も必要でした。 ギヤヘッドの設計上の考慮事項...
コメント

パーカーの製品やサービスに関してご質問がある場合は、 お問い合わせください。

コメント 油圧配管継手の材質について考えてみませんか?


スパム対策のため、ハイパーリンクのあるコメントは投稿できませんので、ご注意ください。

コメントを残す





Captcha