モーション/コントロール技術のブログ | パーカー・ハネフィン日本株式会社

配管の生命線、ホースの設計とメンテナンス課題を克服する

Key Design and Maintenance Challenges in Hose Applications construction vehicle Hose Products Divisionこれまで、限られたエリアへの設置や狭い曲げ半径を必要とする流体処理システムには、成型されたホースやホース/チューブアセンブリが使用されてきました。 これらは、成形ホースの交換が容易であり、チューブアセンブリの最小許容曲げ半径が小さいという特定の利点がありますが、コストのかかる潜在的な欠点もいくつかあります。

・交換部品の在庫コストの増加
・複数の接続によるホース/チューブアセンブリの漏れの可能性

ホースの性能や寿命に悪影響を与える可能性のある環境、使用要因と組み合わせると、費用のかかるダウンタイムとシステム修理を回避しながら、ホースの性能を改善するためのより良いソリューションが必要であることは明らかです。

 

ホースの寿命に影響する問題

ホースは通常の条件下では一定の寿命を保ちますが、ホースの寿命はさまざまな要因によって悪影響を受ける可能性があることを理解しておくべきでしょう。

要因は次のとおりです。

・高温
・極寒
・外部摩耗
・オゾン
・流体不適合性
・流体速度
・研磨媒体からのチューブの侵食
・メディア/速度からの静電機の蓄積
・曲げ半径を超えてホースが曲がっている
・配管時のホースのねじれ
・接続の問題-カップリングの挿入、加締めが不十分または加締め過ぎている

「流体は重機業界、他機器業界の生命線であり、これらの流体の導管として、ホースアセンブリはシステムパフォーマンスにとって重要です。ですが、これらの問題が発生する頻度は増えています。一般に利用可能なスペースを減らし、そのスペース内の周囲温度を上げた最終製品の進化が続いているからです。」 

―パーカーのホース製品部門、イノベーション、エンジニアリングマネージャー、Jeff Grau  

 

ホース関連の3つの重要な機器要件

パーカーは、成型されたホースおよびホース/チューブアセンブリに代わる、より安全で信頼性が高く、費用対効果の高い代替品が必要であることを認識して、困難なアプリケーションの問題に対するシステムベースのソリューションであるE-Z Formホースシリーズを開発しました。 すべての要件を効果的かつ経済的に満たす単一ソースの信頼できるソリューションです。 私たちが最も重要と考えた要件はつぎの3つです。

 

要件1:極端な屈曲とねじれのないタイトなルーティングに耐える

要件2:複数の接続を持つアセンブリでの漏れの可能性を減らす

要件3:膨大で費用のかかる交換用在庫と関連する交換時間の必要性を排除する

ezform

ホースの性能に影響を与える問題、成型されたホースの利点、および主要なホース関連機器の要件の詳細(ビデオ、カタログ)については、下記をクリックしてください。

Lower Downtime by Overcoming Three Hose Design and Care Challenges download white paper Hose Products Division

 

 

世界最大の産業見本市であるハノーバーメッセ2017 でも冷却、高温度作動油の用途のホースソリューションとして紹介しています。

 

関連記事

国際建機見本市BAUMA上海2018レポート:ParkerのIoTはいま

ホースの個体識別により補修管理コストを削減します パーカートラッキングシステム

ねじ込みカップリングはハードな作業をより容易にします

パーカーの製品やサービスに関してご質問がある場合は、 お問い合わせください。

コメント 配管の生命線、ホースの設計とメンテナンス課題を克服する

スパム対策のため、ハイパーリンクのあるコメントは投稿できませんので、ご注意ください。

コメントを残す





Captcha