モーション/コントロール技術のブログ | パーカー・ハネフィン日本株式会社

発電装置の寿命を延ばすワイヤレスセンサー

Wireless transmission of performance data extends equipment life - power generation smoke stacks - Parker Hannifin設備の性能を監視することはコストを抑制し発電設備をスムーズに稼働させるための重要なポイントです。フィールド技術者は、測定基準を記録および追跡して、プラットフォーム、発電所、水力発電装置などの機器の性能を評価します。これは通常スペースを必要とする有線分析デバイスや高価な装置を必要とする固定資産で行われます。これらの機器は測定の為の取り付けやその後の取り外しを必要とする場合があり、操作を遅くし、コストを増加させます。

現在、発電業界の為の効率的で低コストの問題解決方法があります。 SensoNODE™ Mobile ソリューションセンサーは、ポートやタップを介して接続するのではなく、システムに直接統合することができます。 設備管理者はBluetooth®Smartセンサーを使用して多くのiOSモバイルデバイスにデータを配信しワイヤレス方式の高度な状態監視を行うことができます。  

 

革新的なワイヤレスセンサープラットフォームでモニタリング

SensoNODE Mobileは、液体およびガス用途の機器の圧力、温度、湿度を監視するための低エネルギーのワイヤレスセンサープラットフォームです。これにより、発電施設はダウンタイムをなくし、不必要なメンテナンスルーチンを削減し、正確で効率的な機器モニタリングを実現します。これには油圧パワーユニット、発電所全体のフィルトレーション、空気圧縮システム、そしてクーラーやチラーの温度が含まれます。

スマートセンサーは最も手が届きにくい場所でも機器や機械に簡単に取り付けることが可能です。センサーは青いキャップをひねるだけでオンになり、数分接続されないと自動的に電源がオフになります。機能が豊富なユーザーインターフェイスは、iOS8モバイルデバイスで使用するように設計されており、使いやすいナビゲーションです。

情報はユーザーのモバイルデバイス上の堅牢なデータプラットフォームに直接送信され、データプラットフォームはマシンの状態を迅速かつ正確にトレンド分析、評価、および監視するように設計されています。フィルトレーションは良い例で、フィルターの寿命はフィルターの入り口と出口の圧力比較することで評価することができます。別の例は油圧パワーユニットの温度傾向の測定で、ポンプアウトレットの温度の上昇はポンプの効率が低下し故障し始めていることを示している可能性があります。パフォーマンスの問題については機器を監視し現場でデータを評価することができ、施設の管理者が問題を早期に特定し機器の故障が発生する前に修正するのに役立ちます。

 

リアルタイムデータ測定で利点はたくさん

Wireless transmission of Performance Data Extends Equipment LifeSensoNODE Mobileセンサーは、ワイヤーや工具なしで迅速に設置できるように設計されていて、長寿命のバッテリーを搭載しています。このシステムは空気圧縮システム、油圧システムとパワーユニット、クーラーやチラー、窒素生成またはその供給システムなどを含む液体と気体両方のアプリケーションに最適です。SensoNODE Mobileは、最大5800 psi(41MPa)までのさまざまな圧力範囲で複数の構成で動作するように設計されています。以下はその他の特筆すべき機能です。

 

  • 堅牢なデジタルおよびアナログインターフェイスにより、リアルタイムでデータを表示できます

  • 最大150フィート(45.7m)の距離でのリアルタイムデータ伝送

  • ハンドヘルドデバイスに保存されている履歴データの測定

  • ユーザー定義可能なアラートとアラート確認は、監査証跡を維持

  • 非常に正確な測定値

  • 低消費電力により、バッテリー寿命が長くなります

 

発電における重要なパラメータのリアルタイム監視により、効率とパフォーマンスが大幅に向上します。ワイヤレスセンサーは、さまざまな機器や施設のアプリケーションでパフォーマンスの追跡、問題の予測、ダウンタイムの防止に使用できるリアルタイムデータを生成します。これにより労働力の費用や修理にかかる時間と費用を節約できます。

例えばSensoNODE Mobileを使用すると、担当者はシステムをシャットダウンしたり、センサーを接続したり、システムを再起動したり、測定を行ったり、センサーを取り外したりする必要がなくなります。SensoNODE Mobileを使用すると、保守技術者はセンサーまで歩き、測定を行ってから、次のセンサーに移動でき、そのデータは自動的に保存されます。

 

関連ブログ:

建機の予知保全をサポートする新しい測定機器

意外と大きいダストによる故障 重機のIoT

ホースの個体識別により補修管理コストを削減します パーカートラッキングシステム

様々なアプリケーションに適合するワイヤレスリモートモニタリング(英語)

発電所向け状態監視ソリューション(英語)

スマートセンサーとアクチュエータで開発すすむ人工筋肉(英語)

新しいワイヤレスセンサーが圧縮空気システムを簡単に監視(英語)

パーカーの製品やサービスに関してご質問がある場合は、 お問い合わせください。

コメント 発電装置の寿命を延ばすワイヤレスセンサー

スパム対策のため、ハイパーリンクのあるコメントは投稿できませんので、ご注意ください。

コメントを残す





Captcha