モーション/コントロール技術のブログ | パーカー・ハネフィン日本株式会社

建機の予知保全をサポートする新しい測定機器

New Measuring Device Supports Predictive Maintenance in Construction Wheel loader High Pressure Connector Europe予知保全は、機械やシステムの信頼性の高い機能を長期的に維持するためには必要不可欠です。 ですが産業機械業界における昨今のシステムは様々な要求に伴い複雑化しており、この予知保全は実際には非常に難しく、 エラーの解析にはコストと時間もかかります。 Parker SensoControlは、幅広いセンサー、測定接続、さまざまな測定デバイスにより、これらの問題を解決します。

高負荷な作業ができる機器であっても、内部の電子機器やコンポーネントは、サージ圧力、急激な流量変動、および温度変化等によって作動不良を起こす可能性があります。 これら不具合因子の初期症状は、従来の機械式測定機器での管理やシステムを監視している作業者には確認ができないことが多くあります。 機器システムを効果的に監視し、問題が発生する前に診断できることは、ダウンタイムコストを軽減し、高価な機器の損傷を防ぐのに役立ちます。 SensoControl製品は、個々のコンポーネントまたはシステム全体に理想的な状態監視および診断機器の完全な補完により、最先端予知保全のための情報を提供します。

 

機器システムを効果的に監視

新しいParker Service Master CONNECTは、より速く、よりシンプルで、より正確な診断の要求を満たします。 Parker Service Master CONNECTは、測定データをすばやく簡単に記録する診断デバイスであり、圧力、温度、流量、速度、周波数を測定するために使用され、他の測定デバイスとは多くの点で異なる特長があります。 一見すると、コンパクトなデザインと7インチアンチグレアディスプレイがタブレットに非常に似ています。 その照明と高解像度により、ユーザーは暗い作業環境でもエラーなく測定データを読み取ることができます。 重量も2kg以下で取り扱いも簡単です。

頑丈な設計:測定デバイスには、頑丈で耐油性のあるカバーが装備されており、保護コードIP65に従って設計されています。 これは、Parker Service Master CONNECTが衝撃、湿気、および汚れから安全に保護されることを意味し、モバイル油圧に関係するような過酷な条件での測定タスクに最適です。

信頼性の高い操作性:追加された触覚キーにより、振動や衝撃などの困難な状況下でも、測定デバイスを簡単に操作できます。 厚さ3 mmのタッチスクリーンは、手袋をしたままでも操作でき、指の動きにすばやく確実に反応します。 コントロールパネルのアイコンは、ユーザーがさまざまな機能を直感的に使用できるように明確に設計されています。

 

デバイスは何が便利ですか?

The Parker Service Master CONNECTは、その堅牢な殻の下でどのようなテクノロジーを提供していますか? このデバイスがユーザーにとって便利なツールになる理由は何ですか?

お客様固有の機器ソリューション:Parker SensoControlは個別に交換可能な測定モジュールを統合しているため、ほとんどすべてのテスト状況でデバイスを使用でき、ユーザーに卓越した柔軟性を提供します。 また、The Parker Service Master CONNECTにはさまざまな測定入力があり、自動センサー検出機能を備えたパーカーのアナログおよびCANセンサー、アナログセンサー、SAEJ-1939、CANopen、周波数、およびデジタル入出力など、さまざまなテストの「場」を広げます。

複数のデータ記録方法:最大100の異なるチャネルからのデータが自動的に記録され、大規模な内部測定値メモリに収集され、SensoWin分析ソフトウェアを使用してPCですぐに分析できます。 スタート/ストップ、循環バッファ付きデータロガー、トリガーおよびトリガーロジックによるポイント測定から高速測定まで、複数のデータ記録方法を使用できます。 USBインターフェイスを使用すると、デバイスを他のコンポーネント(大容量ストレージなど)に接続できます。

記録された測定データを提示する独自の方法:ユーザーは数値、または棒グラフ、インジケーター、曲線を使用して表示できます。 必要に応じて、ボタンを押すだけでスクリーンショットを作成および処理できます。もう1つの利点は、直感的なユーザーインターフェイスであり、ソフトウェアアプリケーションを介して顧客固有のツールで拡張できます。

リモート監視および操作:LAN、WLAN、またはUSBインターフェースでサポートされています。 ファームウェアはUSB経由で簡単に更新できます。 新しいCONNECT測定デバイスは多機能で、測定データだけでなく、テンプレートや指示、サービススケジュールなどのメディアデータも処理できます。

柔軟で用途が広い:Parker Service Master CONNECTには、交換可能な入力モジュールがあります。 2つの個別のCANバスネットワークを備えたCANモジュールに加えて、パーカーセンサーとセンサー検出を接続するための2つのアナログ入力モジュール(ガルバニック絶縁あり/なし)と、外部センサーを接続するオプションを提供します。

 

結論

パーカーではあらゆる油圧・空圧のシステムにおける、診断およびテスト機器の製品ラインが充実しています。

Parker Service Master CONNECTのコンセプトは、測定デバイスというよりはPCのようなものです。 測定データだけでなく、プロジェクトテンプレート、画像、メンテナンスプラン、回路図の保存にも使用できます。 不足しているデータは、会社のネットワークからParker Service Master CONNECTに保存できます。 これにより、すべての主要な機械データがParker Service Master CONNECTに保存されるため、サービス技術者の時間が節約され、同僚間のコミュニケーションが改善されます。

 

Related articles:

意外と大きいダストによる故障 重機のIoT

ホースの個体識別により補修管理コストを削減します パーカートラッキングシステム

Best Preventive Practices for Hydraulic System Maintenance

Wireless Transmission of Performance Data Extends Equipment Life

Effective Predictive Maintenance of Rotary Machines

 

 

 

パーカーの製品やサービスに関してご質問がある場合は、 お問い合わせください。

コメント 建機の予知保全をサポートする新しい測定機器

スパム対策のため、ハイパーリンクのあるコメントは投稿できませんので、ご注意ください。

コメントを残す





Captcha